SYSTEM

SimWork総合支援・児童福祉システム

平成30年4月改正の障害者総合支援法及び児童福祉法における請求業務を効率化するシステムです。 利用者の実績を入力すると、給付費明細書・請求書、伝送用データ、利用者請求書まで、集計ボタンを押すだけで作成ができます。 請求書が登録済であれば明細書を修正不可に、明細書が登録済であれば実績を修正不可にするというロック機能や、実績入力画面から入力中の利用者が選択された状態で明細書入力画面を直接開いたりできるようにするなど、請求業務が効率良く行えるよう作られています。

対応サービス一覧
総合支援法
  • 居宅介護
  • 重度訪問介護
  • 行動援護
  • 同行援護
  • 生活介護
  • 短期入所
  • グループホーム
  • 施設入所支援
  • 自立生活援助
  • 自立訓練(機能)
  • 自立訓練(生活)
  • 就労移行支援
  • 就労継続A型
  • 就労継続B型
  • 就労定着支援
  • 計画相談支援
  • 地域移行支援
  • 地域定着支援
  • 移動支援(札幌市)
  • 宿泊型自立訓練
児童福祉法
  • 障害児相談支援
  • 児童発達支援
  • 放課後等デイサービス
  • 保育所等訪問支援
  • 居宅訪問型児童発達支援
  • 障害児入所支援
利用者・施設の情報管理
利用者マスタ
利用者の氏名、住所、性別、生年月日、電話番号、家族構成などの基本的な情報や、受給者証、契約内容などの情報を、ご利用者を軸にした1つの画面から登録・編集することができます。
施設マスタ
施設の名称、住所、電話番号、などの基本的な情報と、施設体制の登録を行います。 どのサービスをどのような条件で行っているのかなど、ここで登録した内容によって明細集計時の加算の有無が決まります。
実績入力
パターン登録
曜日毎に受けるサービスのパターンが決まっている場合は、予めシステムに登録しておくことで、パターン通りのサービスをボタン操作一回で呼び出すことができます。入力作業の効率化が図れます。
サービス単位自動算出
表形式の入力画面で、実績のある日や付与される加算に「○」を入力し、開始時間と終了時間を入力すると、システムに予め登録されているサービスマスタから自動でサービス単位の算出を行います。
加算説明
各実績の画面から表示することができます。どのような場合にどの加算を算定できるのかといった情報を調べる時間を短縮できます。
給付費明細書・給付費請求書・伝送データ
集計ボタンを押すだけで作成可能
実績が入力されていれば、集計ボタンを押すだけで給付費明細書が作成できます。 給付費明細書が作成されていれば、同じく集計ボタンを押すだけで給付費請求書が作成できます。 給付費請求書が作成されていれば、同じく集計ボタンを押すだけで伝送用データが作成できます。
チェックリスト
伝送データの作成時、チェックリストを出力することができます。作成するデータの内容に間違いがないことを確認することができます。
上限管理
利用者負担上限額管理事業所と、ご利用者様毎に上限額を設定することで、各事業所の国保連への請求金額を算出できます。
利用者請求
利用者への請求書作成
利用者のデータの設定内容に従って、請求金額を計算します。 実績入力と給付費明細書を作成していれば、集計ボタンを押すだけで利用者請求書の作成ができます。
データ出力
各種書類を作成
システムへの入力データを参照し、実績記録票、給付費明細書、給付費請求書はもちろん、契約内容報告書、年間利用状況、給付費明細書一覧、利用者負担額一覧表などを出力・印刷できます。
システム内データを抽出
システムに入力されているデータを、必要なものだけ選択してCSVファイルに出力することができます。 ご利用者の年齢や住所、実績がある日とその開始時間や終了時間、付与された加算など、自由にデータを出力することで、EXCEL等でオリジナルの資料が作成できます。
推奨動作環境(PC1台運用の場合)
CPU
Intel Core i5 以上
メモリ
8GB 以上
OS
Windows10
ネットワーク
インターネット常時接続環境
製品に対するご質問や、資料のご請求は、こちら から