SYSTEM

SimWork勤怠管理システム

目まぐるしく改正される労働基準関係法令への対応と事務処理の省力化を支援するシステムです。 国が求める労働時間の厳格な管理を簡単にするとともに、毎月の給与計算業務の効率化も図ることができます。 スマホやタブレットを用いた管理も可能となっており、IoT導入施策にも一役買います。

勤務割
勤務予定表登録
職員一人ひとりの勤務条件に合わせて、勤務表を自動的に作成できます。 勤務表の作成は、マウス、キーボードのどちらからでも操作ができます。 また、勤務形態毎の色分け表示により、作成後の確認や管理に役立ちます。
勤務割表パターン
「夜勤」-「非番」-「公休」等、よく使用する勤務予定をパターン化することにより、入力の手間を削減し、誤った入力を防ぎます。
規定勤務形態登録
勤務表の作成時に使用する、禁則勤務や勤務規則を登録します。 「遅番の翌日は早番にしない」「早番は3日連続にしない」など、勤務予定表の作成時に制限している条件を事前に登録することができます。
36協定
36協定について
36協定を届け出ずに職員に残業をさせた場合は、労働基準法違反となります。しかし、実情としては労働基準法の内容を正しく理解していないがために、 36協定を届け出ずに違法な残業を強いているケースや、 更新を忘れているケースも少なくありません。「SimWork勤怠管理」では、36協定をはじめとする各種協定届を、合理的に作成、管理できます。
36協定登録
「時間外労働・休日労働に関する協定届(36協定)」、「1年単位の変形労働時間制に関する協定届」、「1箇月単位の変形労働時間制に関する協定届」の入力およびExcel出力が可能です。 更新用の協定届は、有効期間など、必要最低限の内容を編集することで、簡単に作成できます。
勤怠管理
勤怠実績登録
ICカードやスマートフォンでタッチするだけで、出退勤時間の打刻ができます。
月別出勤簿一覧
打刻漏れ、出退勤状況、残業時間を確認できるなど、日々の勤怠管理に役立つ機能が揃っています。人事担当者は、職員の残業時間の把握ができるようになることから、適正な就業管理につながります。
勤務時間集計
施設・日付・セクション・職員を条件として、出退勤時間の集計をすることができます。 また、職員検索の画面で36協定による上限時間に達する前に、注意・警告を表示することができます。また、これらのアラート機能は職員の長時間労働を未然に防ぐことに役立ちます。
給与連携
登録した勤怠実績は、SimWork給与の月次データ一括入力画面と連携できます。
「SimWork給与システムVer3」と連携することができます。
WEB出退勤
safariやChromeなどのスマートフォンのWEBブラウザから退勤の打刻をするため、専用アプリのインストールは不要。
外勤の勤怠把握が簡単になります。従業員のスマホがタイムレコーダーに!
※WEB出退勤は有償オプションのため、別途費用が発生いたします。
推奨動作環境(PC1台運用の場合)
CPU
Intel Core i5 以上
メモリ
4GB 以上
OS
Windows10
ネットワーク
インターネット常時接続環境
製品に対するご質問や、資料のご請求は、こちら から