SYSTEM

SimWork介護保険システム

居宅介護支援事業所のケアプラン作成、サービス利用票・提供表、利用者の実績、給付費明細書・請求書、伝送用データ、利用者請求書まで、介護の現場の事務作業を包括的に効率化します。 サービス利用票または実績を入力すれば、給付費明細書、給付費請求書、伝送データは集計ボタンを押すだけで作成できます。介護保険、介護予防、地域密着型など、ほぼ全てに対応できるシステムとなっております。 また、介護予防・日常生活支援総合事業(A1~A8)にも対応しています。

対応サービス一覧
介護保険及び介護予防
  • 訪問介護(ホームヘルプ)
  • 訪問入浴
  • 訪問看護
  • 短期入所生活
  • 通所介護(デイサービス)
  • 居宅介護支援
  • 介護老人福祉施設
    (特別養護老人ホーム)
地域密着型
  • 認知症対応型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 予防認知症対応型通所介護
  • 予防小規模多機能型居宅介護
  • 認知症対応型共同生活介護
  • 通所介護(予防含む)
サービス利用票(提供表)・実績入力
パターン登録
曜日毎に受けるサービスのパターンが決まっている場合は、予めシステムに登録しておくことで、パターン通りのサービスをボタン操作一回で呼び出すことができます。入力作業の効率化が図れます。
コピー機能
作成されているサービス利用票の内容を、実績としてそのまま反映することができます。逆に、作成されている実績の内容を、サービス利用票(提供表)に反映することもできます。 両方必要な事業所様の場合、二度手間にならず便利です。
給付費明細書・給付費請求書・伝送データ
集計ボタンを押すだけで作成可能
実績が入力されていれば、集計ボタンを押すだけで給付費明細書が作成できます。給付費明細書が作成されていれば、同じく集計ボタンを押すだけで給付費請求書が作成できます。 給付費請求書が作成されていれば、同じく集計ボタンを押すだけで伝送用データが作成できます。
チェックリスト
伝送データの作成時、チェックリストを出力することができます。作成するデータの内容に間違いがないことを確認することができます。
利用者請求
利用者への請求書作成
利用者の受給公費や負担割合などの設定によって金額を計算します。実績入力を行っていれば、集計ボタンを押すだけで利用者請求書の作成ができます。
ケアプラン作成
4種類のケアプラン
包括的自立支援プログラム、MDS-HC2.0、居宅サービス計画ガイドライン、ライフサポートプランの計4種類のケアプランを作成できます。MDS-HC2.0のCAP選定表など、利用者情報の入力内容に従って情報を取り込める部分は、自動もしくはボタンクリックで簡単に入力できるような作りになっています。
利用者情報管理
利用者に関する情報を一元管理
利用者様の氏名、住所、性別、生年月日、電話番号、家族構成などの基本的な情報や、被保険者証、受給公費、負担限度額などの給付費に関わる情報を、利用者様を軸にした1つの画面から登録・編集することができます。
推奨動作環境(PC1台運用の場合)
CPU
Intel Core i5 以上
メモリ
8GB 以上
OS
Windows10
ネットワーク
インターネット常時接続環境
製品に対するご質問や、資料のご請求は、こちら から